Skip to main content

日本ナチュラル・ハイジーン普及協会

Japan Natural Hygiene NetWork

トップページ
メッセージ
インフォメーション
関連書籍のご紹介
ナチュラル・ハイジーンとは
「超健康革命の会」について
過去のメッセージ
2013年春の講演会 Special Issue
2013年3月メッセージ
2013年5月メッセージ
2013年7月メッセージ
2013年8月メッセージ
2013年9月メッセージ
2013年10月メッセージ
2013年11月メッセージ
2013年12月メッセージ
2014年1月メッセージ
2014年2月メッセージ
2014年3月メッセージ
2014年4月メッセージ
2014年5月メッセージ
2014年6月メッセージ
2014年7月メッセージ
2014年8月メッセージ
2014年9月メッセージ
2014年10月メッセージ
2014年11月メッセージ
2014年12月メッセージ
 

 松田先生からのメッセージ(2014/1/23)

                                                         Hello from Mamiko Matsuda,Ph.D. in Houston Jan. 2014

 

 

日本のみなさん、明けましておめでとうございます。

みなさんはきっと、新しい年の抱負や夢を胸に2014年のスタートをされたことでしょう。

 

 

私は今年、ナチュラル・ハイジーン・ライフを始めて26年目に入りました。四半世紀(25年間)という歳月をハイジニストとして過ごしてきましたが、新しい年を迎えるにあたり、次の四半世紀は、さらに健康でエネルギーに満ちあふれた日々を送り、光り輝くような人生にしたい、という思いを強くしました。

 

 私は今、ナチュラル・ハイジーンと出会えたことを、心から感謝しています。このライフスタイルは私の人生をすっかり変えてくれました。26年前までの私は健康上さまざまなトラブルを抱えていて、肉体的にも精神的にも、決して満ち足りた状態にはありませんでした。特に34歳で子宮摘出手術を受けてからの日々は、最悪な状態が続いていました。

 

しかし、『常識破りの超健康革命』や『女性のためのナチュラル・ハイジーン』にも記したように、「ナチュラル・ハイジーン・プログラム」で私は変身したのです。薬や手術、そしてサプリメントなどでは決して手に入れることのできなかった、はじけるような健康な体を手にすることができたのです。

 

しかも「ナチュラル・ハイジーン」の生き方を学び、実践することを通して得たものは、ただ弾むような体や心だけではありませんでした。もはや病院通いも薬もまったく不要になり、医療費を大幅に節約できるようになりました。

 

ナチュラル・ハイジーンが推奨する「ホールフードでプラントベースの食事」は地球環境にも優しく、サステイナブル(持続可能)な人生の選択であることも知りました。地球という同じ星を共有しているほかの動物たちを傷つけることも、彼らの命を奪うこともない、ステキな生き方だということにも気づきました。

 

また、「人間にとってふさわしい食」に関する情報の正否を見分けられるようにもなり、その知恵と知識を多くの人に伝えることによって、大きな喜びを得ることも知りました。

 

日本のみなさんの中には、ナチュラル・ハイジーンが推奨するような食習慣に対して懐疑的な方が少なくないかもしれません。その背景には、日本のメディアやインターネット上では動物性食品を推奨する情報が圧倒的に多く、「ホールフードでプラントベースの食事」を推奨する日本人医師の情報はほとんど見当たらない、という状況があります。

 

 このホームページをご覧のみなさんの中にも、「ホールフードでプラントベースの食事」を疑問視されている方がいらっしゃるかもしれません。みなさんが、「本当の健康と幸せ」を願うのでしたら、「健康で長生きするための必要条件とは何か」「ホモサピエンスとしての体にとって本当にふさわしい食べ物とは何か」ということをご自身で考えてみることをおすすめします。

 

業界と結びつきのある医師や栄養士の狭い視野でしか見ない情報を真に受けるのではなく、業界とは結びついていないところから発信される情報に目や耳を傾け、ご自身の頭で考え、ご自身の体で体験して、「何が真実なのか」を自分自身で検証してみてください。

 

 「日本ナチュラル・ハイジーン普及協会」の下部組織、「超健康革命の会」が発行している「会報」がみなさんの検討材料の貴重な参考資料となれば、うれしい限りです。

 

 

 「超健康革命の会」の「会報」第60号(20141月発行)では、「動物性食品摂取の弊害」が「人類進化生物学」という新たな見地からも実証されたことを、昨年1027日に放送されたNHK総合テレビの「NHKスペシャル/病の起源」シリーズ『心臓病──高性能ポンプの落とし穴』という番組が伝えたことについて特集しています。

 

動物性食品の弊害については、すでにナチュラル・ハイジーン理論が説き、キャンベル博士が栄養学的・疫学的研究で裏付け、エセルスティン博士が臨床的に実証し続けていますが、人類進化生物学という分野でも実証されたことをNHKテレビが報じたことは、実に画期的なことです。

 

くわしくは「会報」第60号の巻頭メッセージ「直立歩行に進化した人類が背負わされた、〈心筋梗塞〉という十字架! 『NHKスペシャル/病の起源』が実証した、進化生物学的〈肉食の弊害〉」をご覧ください。詳細はこちら⇒「超健康革命の会」の案内ページ

 

 

また、同じ号では、「あなたの食べる緑葉野菜が、腸の健康を守っている免疫細胞の免疫力を左右する」という内容のアメリカ発の最新情報も掲載しています。風邪やインフルエンザが猛威をふるう今の季節、免疫力をアップし細菌やウィルスを撃退したいと願う人には必見の情報でしょう。詳細はこちら⇒「超健康革命の会」の案内ページ

 

「会報」では、最新情報以外にも、みなさんから頂戴したナチュラル・ハイジーン・ライフ関連の多くのご質問にも、お答えしています。

 

 

2014年4月の来日講演会について】

 

このホームページのインフォメーション欄でもご案内していますが、松田先生の4月の来日講演のスケジュールは下記のようになっています。詳細については、各講演会ご担当の方までお尋ねください。

 

★4月  5日(土)名古屋/問い合わせ先:0334366827(日本リビングビューティー協会)

★4月 6日(日)東京/問い合わせ先:0334366827(日本リビングビューティー協会)

★4月12日(土)神戸/問い合わせ先:0334366827(日本リビングビューティー協会)

★4月13日(日)鹿児島/問い合わせ先:0334366827(日本リビングビューティー協会)

  以上については「日本リビングビューティー協会」のHPをご参照ください。

 

http://www.rawfood-kentei.com/article/14935732.html

★4月15日(火)愛媛/問い合わせ先:05036053625(清水和繁さん)

★4月18日(金)福岡/問い合わせ先:0927383330(公認会計士 山崎隆弘事務所)

★4月19日(土)那覇/問い合わせ先:0334366827(日本リビングビューティー協会)

★4月20日(日)那覇/問い合わせ先:05031335773(人育科学社/じんいくかがくしゃ